お風呂場から水漏れ警報発令中

水漏れは放っておくとどんどん被害が広がっていきます。つまり発見次第すぐに対処するのが鉄則なのです。

ところが、そこから水が漏れているにも関わらず、なかなか気が付かないという場所があります。お風呂場です。
お風呂場は水道の蛇口やシャワーなど、水回りの器具がたくさん設置されています。床も壁も水が浸み込むような素材は使用していませんから、見た目ですぐに水漏れを発見するのは意外と困難なのです。
また、水漏れがしたたり落ちるような状況であれば、音も含めて発見しやすいのですが、たとえば壁伝いに水が流れ、そのまま排水口へ注いでいる場合には、その水量が少量であればなおのこと、よほど注意しないかぎり認識することは難しいはずです。
水道局の請求書を見て、なんだか最近、身に覚えがないのに水道代金が上がっていると思ったら、まずは水漏れを疑ってみるということも必要かもしれません。あるいはいつまでたってもお風呂場の床が乾かないなと感じたら、やはりどこかで水が漏れているのかもしれないと考えるべきでしょう。

お風呂の排水口の修理 | 川崎水漏れ修理110番

お風呂場の水回りをチェックすれば、水漏れを見つけるのはさほど難しくないことかもしれません。そうして発見した水漏れは、それが起きている場所によって対処方法も変わってきます。
お風呂場の壁をつたって漏れている水は、もしかしたら壁にかけてあるシャワーヘッドが原因かもしれません。特にシャワーヘッドの接合部やホースの曲がりくねった場所では、劣化やゆるみなどによって水漏れがよく起こります。単なるゆるみであれば、器具をきちんと締めなおすことで問題が解決する場合がほとんどですが、それでも日がたつにつれて症状が頻発する場合もよくあります。最終的には部品、特にゴムパッキンなどの交換が必要になる場合もあるようです。

蛇口や給排水の設備であれば、水道屋さんに依頼したほうが良い場合もあります。よく状況を見極めて、適切ない対応を取りましょう。