トイレの水が止まらない!? ピンチを救う方法とは

古いトイレを使っていると、トイレの水が止まらないというトラブルが発生する場合もあるでしょうね。万が一、そうしたトラブルに見舞われた際のピンチを救う方法とは、やはりまずは止水栓を閉めることでしょうね。止水栓を閉めないと、便器に流れる水が止まらないというトラブルがいつまでも続くという事態にもなるでしょうね。その後は、自分で修理ができそうであればそれもいいでしょうし、どうしても無理というのであれば業者さんに来てもらうといいでしょうね。

ちなみに、給水タンクから便器に水が供給されるようになっているのですが、便器の水が止まらないという場合には、オーバーフロー管や排水弁の亀裂や故障が原因として挙げられます。あるいは、ゴムフロートが水をせき止めて排水弁の役割をしているのですが、排水口とゴムフロートとの間にゴミなどで隙間が少しでもある場合には当然のことながら、便器に流れる水も止まらないでしょうね。しかも、そうしたことが原因として考えられる場合には、例え止水栓を閉めても給水タンクに水がある限りにおいて便器へも水が流れ続くでしょうね。

一方、止水栓を閉めたら便器へ流れる水が止まったという場合には、オーバーフロー管が関係しているというケースも考えられるでしょうね。このオーバーフロー管の役目については、給水タンク内の水がオーバーフロー管の高さよりも多い場合に排水されるような仕組みになっています。従って止水栓を閉めている限りにおいては、オーバーフロー管の高さよりもタンク内の水が少なくなれば、便器への水も流れなくなるようになっています。こうした給水タンク内の仕組みを予め知っておくと、突然水漏えトラブルに遭遇した場合でも慌てることもなくなるでしょうね。そうかといって、マンションやアパートにお住まいの方であれば、階下の方に迷惑を掛けてしまう事態にもなりかねないので、のんびりとしていてもダメでしょうね。